JSL研修報告

平成27年度 第2回JSL研修の分科会報告(今澤先生)

今澤先生

 今澤班ではJSLの教科ということで経験が0~2年めの先生方だったので、午前中はいろいろな教科の具体例をお見せしながら、JSLの授業の作り方についてお話させていただきました。午後からは6年生算数の「比例」と2年生国語の「仕掛けカードの作り方」という教材を使って、指導案ではなくて、授業つくりということで、どんなことを目標にしたらいいか、どんな支援が考えられるかという2点にしぼって、考えていきました。

報告

 日本語教室担当になって、今年初めてという新任のかたもいらっしゃって、本当にこんな事も知らないのかと言われてしまいそうなことを質問して、先生にも沢山答えていただきながら、それも考えなければいけないのかというところを各自出していきながら、みんなで具体的に考えあうことができました。

① 6年算数

 想定した子ども...フィリピンから来た男子。在日6年だが、今も算数の教科書に出てくる言葉につまずいていて内容の理解が十分できていない。
 学習目標:比例のグラフを書く

 例えば言葉としては、横軸、縦軸、そして交わるところ、何々の値、あるいは対応する、それからメモリだったり、直線という言葉だったりを、具体的に問題を解いて一緒にいろいろなことをやりながら、その中でおさえていきたいというお話がでました。

 それから文型としてもこの中にはおさえていきたい算数の目標を達成するとともに、日本語としての目標にも迫れる文型も見つけることができました。たくさん出てくる表現は、「〇〇の値が、Aの時、△△の値はBになります」という表現が、教科書のあちこちに出てきます。それを使って、繰り返し言っていくことで、例えば「値」という言葉についても、ああこういう事なんだなという理解を図っていく。あるいは「〇〇がAの時、△△はBになります」という他の教科でも使えるような文型を一緒に指導していく。という風にしながら、実際に直線をいっぱい書いて、これが直線というんだということを、体と行動で本人に何かしていく様にする。そういう授業展開を考えていくことができました。

② 2年国語

 想定した子ども...在日一年目くらいの中国から来た男子。
 課題...光村「しかけカードの作り方」をどのように展開するか

 教科の単元としてのねらいがなんであるかまずおさえて、ではJSL国語としてこの単元の目標はどうするか、それから日本語の目標はどうするか、ということを考えました。まずは作り方の説明の仕方が分かるという事と、分かった説明の仕方で他の物の作り方を書くことができる、この二つの教科の目標として考えました。それで日本語の目標としては、順序を表すことばがいくつも出てきます。まず、「次に」、「それから」、「今度は」、「最後に」、というその5つをきちんとおさえたい。それと何々を何々したい、例えば「画用紙を売ります」というような表現が説明文の中にも沢山出てくるので、それを理解させて使えるようにしたい。最後に作る時につかう言葉も沢山出てきます。「切る」「折る」「貼る」「開く」「計る」そういう言葉を実際に読み取りながら、あるいは作りながら理解をさせて、書くところでも使わせたいというようなそういう単元、指導、実際に授業を考えることができました。

 全部を通して理解支援と表現支援を最後にみんなでまとめました。また、「しかけカードの作り方」の実際の文章を使いながらどこを省いて、どこをどう変えていくかということを考えて、みんなでリライト文を作ってみました。それから教科書にも写真がのっているんですが、リライト文と写真をこども達にどの様に提示しているか、それでいて何を狙っているのかというような話合いもできました。表現支援としては、やはりワークシートがとても大事になるということで、ではそのワークシートをどんな形にしていくか、それぞれの子どもの実態にあわせて、言葉の負荷をどう変えていったらいいのかということを、具体的に話し合うことが出来ました。全体を通して、今目の前にいる子ども達に、ではこれをこういう風に変えて、使っていけるのではないかということを携えることができた分科会になりました。ありがとうございました。

今澤先生

 2点お話します。まず比例のグラフを書こうという算数の授業なのですが、在籍学級でもグラフを書きます。では、在籍学級の授業と、このJSL算数の授業と何が違うのだろうというところですが、やはり言葉に視点をあてているかどうかというところです。例えば「Xの値が1の時は、Yの値は2になります」という事をわざわざ短冊にするかというと在籍の方ではなかなかそこまでの支援はやらないのだけれども、JSL算数ではそこをよくしっかりと練習してあげて使えるようにする。しかも、グラフを書くという作業を通じて、横軸、縦軸、それから何々の値とか、直線という言葉を自然に算数の作業の中でやっていく。言葉だけ教えると日本語指導の授業になってしまうので、算数の作業をしながら、言葉にもスポットをあてて支援をするのがJSLですよということを確認しながらやってきました。それともう一つ、理解支援、表現支援の話で、皆様も普段の授業からやられていることをもう少し言葉に絞って支援をしてあげると、それがそのまま生きて行くのではないかと思っています。例えば、短冊にする、色分けをするというのは普通の授業でもやられている事ですよね。それをもう少し言葉にポイントを絞って、その子にあった支援を考えていてあげるとそれが理解支援になり、表現支援になりますようという話をしました。

 また、月曜日から皆さん子どもたち待っていると思いますが、共にがんばりましょう。本当にお疲れ様でした。

△ ページ上部に戻る

平成27年度 第1回JSL研修の分科会報告(馬庭先生)

初任・指導:馬庭先生

 私のグループでは、初めて日本語の教科指導になったという方がたくさんいましたので、具体的に月曜日から使えるようなネタをたくさんみんなでシュアできたらと思い、グループ分けをして話し合いをしてきました。形容詞、動詞、文字、特に特殊音ですね、漢字などについて特にアイデアを出したり、膨らませたりしていきました。みなさん、ほんとうに素晴らしいアイデアの持ち主で、それぞれの経験に合わせてアイデアをだしていました。とても素晴らしいと思いました。

 一番嬉しかったのは、今年度初めて担当した方でもすでに楽しいと感じてくださっている方が多いことです。本当にそれは大変良い事だと思いました。子供は指導した分だけ返してくれます。その子に合ったやり方ができれば、ものすごく伸びる。とっても楽しい学級なので、ぜひいろいろな頭の部分を柔らかくして、いろいろなものがなんでも使えますのでぜひぜひやってみてください。今私が学級を担当していてすごく思うのは、特に個別指導、少人数指導は、自由度がとても広いということです。どこでもなんでも使える。外に行ってもいいし、なにを使ってもいいし、なんならかくれんぼをしてもいいし、宝さがしをしてもいい。こんなに楽しいことはありませんので、教科書も使いながらいろいろな言葉を入れるときに動きを必ずいれて、いろんなところで子供をたくさん動かしてあげて、たくさんの日本語を使って楽しい時間を一緒に共有してくださったらいいと思います。

 子供は本当に先生のことが大好きなのでぜひそこを信じてかわいがってたくさんアイデアを出してあっていけたらと思います。

 お疲れさまでした。

馬庭new.jpg

 

 

△ ページ上部に戻る

平成27年度 第1回JSL研修の分科会報告(西村先生)

初任・体制:西村先生

 私のグループは、最初にみんながそれぞれの悩みを出し合い、このブルーの付箋に書きました。この付箋をもとに自己紹介の時に、何に困っていますか、悩んでいますか、一人三つずつ出していただいて、それを順番を決めて解決していこうとしました。始まってみると,本当に密な時間でした。

 何よりも今日朝一番で飛行機に乗ってきてよかったなって思い、すごく嬉しかったのは、やはり子供たちにかかわっている先生方がエネルギーを持って、そして楽しんで、子供たちに力をつけたいという思いを、今日私がいただけたことです。授業の話の時に、結局子供にぴったりの教材はなんなのかなとか、子供の、この子に合わせた力を伸ばすにはどうしたらいいのかな、とやはり考えるのです。そうなのです。この子にどんな力をつけたいのか、そのためには本、教材ありきではなくて、教材は教材として一つの道具なのですよね。この子にこの力をつけるには、あ!この道具をこんな風に使って、こんな手立てをすればいいなと思うところに、楽しみがありますよね、というのが今日のうちのグループでの話でした。そこに、楽しみをもっていただけたら、子どもも、もっと楽しくなります。たくさんいろいろわからない言葉や、文化の中に生活している子は、先生方が楽しんでこの子と共にいてくれるということだけで、まず安心できます。適応指導です。そして、力をつけていってくれることで、その子の前に広がる世界に橋渡しができるなと思ったら、そこをさらに楽しんで下さい。

 私にとっても今日来てくださった先生方との出会いは、とても宝物になりました。お互いに情報交換をすることは約束ができたので、まだこの縁を生かして指導していただけたらなと思います。

 どうもありがとうございました。お疲れ様でした。

西村new.jpg

 

△ ページ上部に戻る

平成27年度 第1回JSL研修の分科会報告(植村先生)

管理職他:植村先生

 私たちのグループは他のグループとは少し違い、主に行政的な視点から、「特別の教育課程」や支援体制つくりの話をさせていただきました。メンバーも教育委員会事務局の方、教員、それも高校、小学校、中学校、中高一貫の先生と多岐にわたっていたので、とても自由にいろいろな視点からのお話を交流することができました。

 大きくはやはり昨年度から始まった「特別の教育課程」にかかわって、子どもたちの日本語能力の把握や個別の指導計画をどう作っていくか、それに伴う評価をどう進めていくか、という話が大変盛り上がりました。評価につきましては、今後小学校や中学校で「特別の教育課程」によって日本語指導を受けた子どもたちが高校進学を希望する場合、その日本語指導の評価を高校にどう受け止めていただくか、ということが話題になりました。県教委側からの働きかけも含めて、高校入試制度の仕組み作りというところに繋がっていくと思います。ここはやはり子どもたちの声も含め、小・中学校の現場からの声をあげていって、みんなで日本中の仕組みを作っていくことが大事だよね、ということなどを、人数はわずか8人ですけれども、熱くあつく語っていました。

 その他にも、研修会をどのように実施するか、先生方のニーズを踏まえたうえで、重複せず、でもいろいろな情報をお伝えできるそんな研修会をどのように企画していけばいいのかなどの話を、たくさんさせていただきました。

 ともすると、行政と学校現場というのは、一方通行的な時があるかもしれませんが、行政は、子どもたちや先生方が、いかに学校で安心して生き生きと学習活動を展開していただけるか、というための条件整備や、情報提供をすることが役割だと思います。私も教員なので、行政の仕事に戸惑うことは多いですが、何をしたら先生方の役に立つか、子どもたちの将来につながるかを考えて、もっと頑張ろうという気持ちでやっています。

 分科会の前半で、担当になられてからまだ経験日数が浅い先生方がどんな困り感を持っていらっしゃるかを拝聴させていただいたのですが、メンバーの中には、現場のそういう生の声を聴くことができたことも、今日のすごく大きな収穫だとおっしゃった方がいらっしゃいました。やはり先生方のお声を受けて進んでいく、そういう方向性を確認しました。

 この休みの日に、こんなにたくさんの先生方がお集まりになって、研修会を共にさせていただき、すごく嬉しい心強い話だなと思います。日本語指導は、教育課題の中ではなかなかまだ大きく取り上げられにくい課題ではあるかもしれませんが、一緒に進めていける先生方にたくさん出会わせていただいて、私も今日は多くの勉強をさせていただきました。メンバーの先生方、センターの先生方、今日はどうもありがとうございました。

植村new①.jpg

△ ページ上部に戻る

平成27年度 第1回JSL研修の分科会報告(小川先生)

中学高校:小川先生

 中学・高校の分科会は、今回なんと11名という史上初の大盛況でした。問題もいろいろな方面に渡っていて、地域の状況も仕事の仕方も違うので、片っ端からいろいろな問題を出し合っていきました。なので、どういうふうにご報告したらいいのかわかりません。

 私からも、今年度は高校で新しい取り組みをしているので、どんなに日本語力が低くても、学年相応の教科の学習はできるということを紹介しました。日本語さえわかれば在籍学級の授業がわかるようになるわけではなく、また、日本語ができるようになるのを待って教科をやるのではなくて、日本語と教科の両方を一緒に勉強していくことができるし、教科をやりながらの時間というのはすごく日本語が伸びる時間になるということをいろんな形でお知らせしてきました。

 教員の方は、指導法に悩んでいるところがあったり、外部から学校に指導に入っている方は、校内の先生との情報伝達・連携がうまくいかなかったり、いろんな課題があります。いわゆる日本語学級でやっている日本語指導と、教科を学ぶ力をつけるための指導っていうのはちょっと違うところがあります。学び盛りの子どもたちが日本語と教科を両方の力をどうやって身につけていくのか。今日はそんな話を中心にしつつ、学校内の理解を得る、それから新しい体制づくりをしていく、そういうたくさんの問題について片っ端からみんなで語り合っていきました。だからみなさん、なんとかそれぞれの課題について一つずつでも今日の学びを収穫にして、交通費の分カバーできて帰っていただけるといいと思っています。

ありがとうございました。

小川new.jpg

△ ページ上部に戻る