JSL研修報告

平成27年度 第2回JSL研修の分科会報告(市川先生)

市川先生:

 本分科会では、菅原先生の全体講義を受け、JSL授業の組み立て方について、「トピック型と教科志向型」「体験探求発信型の有効性」「AUとその活用方法」等々、JSLエッセンスのプレゼンから入りました。

 午後は授業活動案作りです。

 参加メンバーは小学校教諭3名、高等学校教諭2名でしたので、自ずと授業内容は異なってきます。そこで本分科会としての共通事項を以下のように定め、授業作りにとりかかりました。

共通事項

① 本授業を受ける児童生徒のイメージを具体化する。(出身国・母語・日本語習得状況)
② 授業のテーマに即した体験活動を取り入れる
③ 授業内容を獲得するためのAUを決め、探究・発信場面で繰り返し活用できるように組み立てる。
④ 本研修会で獲得したいスキルをそれぞれが明確にした上で授業案作りを進める。

 小学校グループは4年算数で「分数」のところを選びました。選んだ理由としては、分数は難解な学習用語が出てくるとともに、ここでの学びが高学年の学習に大きく影響してくると考え選びました。

 高校の現代社会グループは、「選挙権」を選びました。つい最近、選挙権が18歳以下に引き下げられるというニュースが駆け巡り選挙がより身近になったこと。さらに外国人の選挙権制度についても考えられる「今、まさに」という旬のテーマを選びました。

 それぞれのグループで上記の共通事項をもとにしながら、「体験活動とAUをどのように組み合わせていくか。」ということにも前向き取り組んでいただきました。

 JSL授業の可能性が、また一つ広がった研修会になれたと思っております。

報告

① 小学校算数「分数」

 小学校4年生の算数の分数の単元を選んで、指導案の作成をしました。

 想定した子供は3人です。ペルー人、インドネシア人、バングラディッシュ人でそれぞれ3年から5年間の来日で、日常会話はできるけれども、学習の習得が低いということです。

「帯分数の意味の種類、帯分数は整数と真分数で表すことができる」ということを授業の目標としました。

 授業の流れは、既習事項として真分数と仮分数を学習しているので、復習を取り入れながら進めていく授業です。

 本時は、「ドラえもんとジャイアンに祭りに着ていく浴衣の帯を作ろう」という場面設定で児童たちに興味を抱かせながら意欲的に学習に参加できるようにと考えました。

市川④.JPG  市川⑤.JPG

導入場面

ドラえもんと ジャイアンが 夏祭りに いくことになりました。
そこで、着ていく浴衣(ゆかた)の帯(おび)を プレゼントすることになりました。

 用意する半具体物(テープ)  5/3m

 実際にテープでドラえもん用の帯を作っておく。

 テープを一周すると1メートルになるように作り、黒板にも数直線を作っておき、操作活動を進めていけるようにする。

 実際に児童が操作活動をしながら、3分の3が1、残りの3分の2なので、「3分の5」は「1と3分の2」、というように視覚でとらえて理解ができるように支援していく。

 AUのとしては、「C-6 帯の長さをくらべてみましょう」さらに「C-9 ~と~をくらべて おなじところはどこですか」また「J-2  仮分数と帯分数はどんな関係がありますか」が、考えられます。

 そして、本時の中心AUは、「F-6 新しい方でいうと、帯分数は整数と真分数で表すことができます」いうことを言わせるようにしました。

 本日の研修で勉強になったことは、児童が興味を持って楽しく学習しながら新しいことを学べる課題設定と操作活動を考えたことです。

 それから、AUをどの場面でどのように使ったらいいのかが練習できたことがとても勉強になる一日でした。

おすすめポイント(市川)

 帯という具体物をもちいて、1mと2/3mを表すことにより、仮分数と帯分数を視覚でつなげて印象深く覚えていくことができるように工夫したところです。また、帯(おび)」という言葉を巧みに取り入れているところも実践の価値があります。

② 現代社会 高校

 現代社会の授業案は「皆さんは、選挙にいきますか!?」というタイトルです。

 想定する生徒は中国出身生徒とフィリピン出身生徒、それぞれ2名ずついるといったような取り出しのクラスを想定しました。

 単元は民主制度のところです。

 まず導入で、この間行われたスコットランド住民投票の雑誌を見せて、AU「A-1 これは何でしょうか」と聞きます。生徒から話が出てくると思いますので、それを拾いながら「そうだね、→選挙の話→投票の話」と導き出していきます。

 その次に、日本の年代別の投票率グラフを見せて、「A-1 縦軸は何ですか、横軸は何ですか」と発問を重ねながら「年代別の投票率の変化と差」について考えさせます。

 さらに、そのグラフを読みとらせた結果、誰に向けた選挙活動になりそうかということも考えさせます。しかしながら、若者向けの選挙活動になっていないという意識も考えられますので、「日本はこれから18歳の選挙権になっていく」ということ、「スコットランドは16歳からになった」ということ。しかし、外国人には現在日本では選挙権がないということを伝えます。

 このことにより、生徒たちに動揺が生じると思います。そこで、ほかの国の選挙権はどうなっているのか、母国の選挙権はどうなっているのか、というのを調べさせたり、発表させたりします。

 さらに、「選挙権がないと、どういうことが困りそうなのか」ということを考えて、発表してもらいます。

 このことをうけて、「H-5 選挙権を持っている人は、持っていない人のために何ができるでしょうか。」ということを考えていくことができると思います。

 そのうえで、これまで、選挙権を獲得してきた歴史を紹介し、もしかしたら、選挙権を持っていない生徒たちにもこれからできることがあるかもしれないということで、次の授業につなげていくことができると考えました。

 この授業の面白さは、「取り出し」で現代社会を教えていくうえで、生徒同士には共通語はないが、言語化された情報ではなく、本時で習ったようにAUや画像(動画含む)を積み重ねていくことで、生徒の中に、「知っている」「自分の国のことを説明できる」という自信を持って説明いくという自信へとつなげていく可能性を感じたことです。

 さらに、様々な国の生徒が一つのクラスに集まっているということは、それぞれの国の状況が分かり、「自然と多文化共生に対する意識が生徒に芽生えるじゃないか」という希望を抱きながら、この授業案を作りました。

この授業のおすすめポイント(市川)

 選挙権が18歳以下に引き下げられ選挙がより身近になったこの時期「今、まさに」という旬のテーマを選び、母国の選挙制度と比較したり、選挙権について考えたりしながら現代社会というCALPの高い言語活動を要する教科をより身近にしてきているところです。

 市川①.JPG 市川②.JPG 市川③.JPG

△ ページ上部に戻る

平成27年度 第2回JSL研修の分科会報告(小川先生)

小川先生:

 中学高校グループは、高校進学を見据えた指導ということで、自分の自治体の高校入試の制度と過去問を分析して、どんな問題が出ているのか調べてきてくださいという宿題を出しました。ともかく敵を知らなければそれを突破できませんから。

 まず高校へ行くことの重要性を皆で話しました。高校は3年間なり、4年間ありますから、その時間があれば生徒たちは、日本語も教科学習もできるようになり、年齢相応にいろいろなことを考える力がつきます。それから社会に出てほしいということで、とにかく高校へ行こう、と確認しました。

 入試で教科の点数がとれなければ、高校への道は開けないわけです。そのためには入試から逆算して中学校の学習計画を作る必要があります。中3では、教科は在籍の教室で受けられるようになって、進学に向けた指導の部分をこちらで補充する。そこまで持っていくためには、2年生の時には、理科・社会・国語の授業をなんとか分かるようになるところまでもっていこう。したがって、1年生の段階で英語と数学はすぐに教科に取り組んで、教室の授業についていけるようにしておこう。日本語はゆっくりやり直す時間は作れないから、しっかり一発で理解を確実にして進めていこうということになります。日本に来た日から、入試の日まで見通した計画を立てなければならないのだという話をしました。

 さて、入試で点数を取ることを考えたら、英語と数学は最初から勉強をはじめなければなりません。英語については、英単語を覚えるなら、その日本語訳も一緒に覚える、というように、英語の教科書を日本語学習にも活用するというところから指導案を考えました。

 数学はどこの県の入試でも欠かせません。計算は大丈夫でも、「証明」は実は易しい問題なのに、在籍学級で「証明」をやっただけでちゃんと理解できる生徒はほとんどいません。それは「証明」の単元に入った途端に日本語の説明が増えるからです。ある程度日本語はできるはずなのに、授業で先生が言っていることはわけがわからないということで、みんなここで沈没しちゃうのです。これを一回JSL数学として取り上げておくと結構クリアできて、入試の証明問題も解ける生徒も多くなります。大きな関門なので具体的にどうするか、今日は「証明」で指導案を考えていただきました。では報告をお願いします。

小川②.JPG

報告

 みなさんも日本語のテキストをいろいろご存知だと思いますが、小学生向けと大人向けはいろいろあるのですが、中学生向きというのがなかなかないのです。それで目をつけたのが英語の教科書です。英語の教科書の特徴は、人権・環境・文化など、たいへん知的な内容をシンプルな英語で表してあるというところが特徴なので、じゃあそれを日本語にして、日本語の練習に使ってみることはできないのだろうか考えてみました。

小川③.JPG

 英語の教科書というのは大きく分けて会話文と説明文からできています、会話文の特徴というのは省略が多いのと、文章がとてもシンプルで短いことです。これを使って、理解を確認するために、例えば省略した文章を完全な文にしたり、その中でQ&Aで内容を読み取ったりということに使えるのではないかと思いました。

小川⑤.JPG

 次は説明文で、ここに提示しているのはガーナの紹介文です。「ガーナはアフリカの西部に位置しています」「ガーナの首都はアクラです。公用語は英語です」とか、「チョコレートはカカオ豆で作られています」みたいなお馴染みの文章です。

小川④.JPG

 この日本語訳を読解教材として扱い、次にこれをモデル文として自分の国を紹介する作文を作ることを考えました。中国籍の子でしたら、「私の国中国はユーラシア大陸の東部に位置しています」とか「中国の首都は北京です」などです。自己表現とか、多文化理解、異文化理解につなげることができるのではないかと思いました。英語の授業で扱う前に日本語の学習で予習的にやっていくと、十分に内容を日本語で味わっているので英語で出て来たときによく分かるようになるでしょう。

【小川補足】英語の教材の中から、「マザーテレサ」についての文章を既習レベルの日本語に訳した文章で、日本語の読解教材として活用した例を紹介しました。また、英語で「受け身文」を学習する単元に入る前に日本語の受け身を勉強しておく必要があることをお話ししました。そうすれば、英語の受け身文を日本語に翻訳することは、そのまま日本語の受け身文の勉強にもなります。

 英語の教科書は、中学生の関心・興味に合わせて作られているので、中学生の日本語学習に生かせる「材料」はいろいろありますが、英語の教科書を日本語に直訳すれば日本語の教科書になるわけではないということを確認しておきたいと思います。

 次は数学です。中学校2年生の「証明」の問題について考えました。証明する内容は、角の二等分線の作図法は、どうしてそのやり方で角が二等分できたことになるのかを、三角形の合同条件を使って、証明します。

 そこで考えた内容を(0)~(3)にまとめましたが、話し合いをしてみて気づいたことを発表します。

(0)、数学は積み重ねの教科なので、生徒たちは日本語は初期でも学習参加をしたほうがいいと改めて確認をしました。実際に「証明」の問題をどうやって教えていくかと考えたときに、

(1)そもそも「証明」とは何ぞやということで、概念の理解を、数学とは離れた日常場面から生徒たちに理解してもらうところからスタートすることにしました。特に非漢字圏の生徒は、「証明」という漢字を見ても、何の勉強をしているのか、わかりません。

(2)「教科書を読解教材として使う」と結論を書きました。

 実際には、言葉の理解は難しいところもあるので、「角の二等分線を~」とまず始まった時に、「角」は何か、「二等分線」は何か、二・等・分・線の漢字ひとつずつから漢字の意味を理解するところから始めます。また、二等分線の作図の方法は一年生の学習内容ですが、そこに立ち返って生徒たちに実際に作図させることも必要だと気付きました。

 教科書の文章を読んでみると、学習用語でかなり難しいところがあり、その理解の手立てを知りました。日常会話で使う「同じ」「だから」「で」という言葉は、数学の証明で使われるときには、「等しい」「したがって」「何々において」などと表現が変わります。意味を確かめて、生徒たちは実際にこの言葉を使って文章を作ってみます。じゃあそれは教科書の方ではどんなふうに使っているか、教科書を見て証明文の読解に入ります。

読解というと国語のイメージが私自身はあったのですけれど、理論的な読み取りをすることとか、思考の過程を書かせるということが有効だということがわかりました。最後の段階では、自分で証明を書き、それを自分の言葉でみんなに説明をするといった練習もしっかりやって、説明の場面で実際に使える日本語力をつけることが大切です。

 理科の教科書も読解教材として有効だということも教えていただきました。

△ ページ上部に戻る

平成27年度 第2回JSL研修の分科会報告(西村先生)

西村先生:

 私たちの班は指導計画を作ってみようということでスタートをしました。

 まず、指導計画とはそもそもなんだろうというところからスタートしました。メンバーが小学校、高校、指導員という違う立場でしたので、まず共有をするということから始めました。ブレインストーミングな形で4人のなかで共通項を見つけていくということをしました。午前中はそのような活動をして、指導計画の内容がなんとなくわかってきたので、午後それを作りましょうということで、お昼にしました。

 午後は午前中に出てきた項目から枠を作るところからスタートしたのですが、日本語能力のどんな方法がありますか?それは具体的にどういうことをしますか?と一問一答式になってきてしました。だんだん辛くなってきたのですが、先生方が「実際にやりましょう」と言ってくださって、あとは、先生方にお任せしました。枠として、名前はいりますよね。ほかに、来日時期・生年月日・どんな動き方をしてきているのか・どんな日本語力がいるのか...というのをだしていただいて、枠ができたので、その枠に実際に子どもを想定して計画を作っていただきました。

報告(写真参照)

西村A①.JPG 西村A②.JPG

西村B①.JPG 西村B②.JPG

受講者感想

① 私は今年日本語指導をしている子どもが33人います。今日は33人の個別指導計画の基本パターンを教えてもらって、あとは自分の力で作れるようになりたいと思いました。日本語指導の先生とペアで、自分の担当の子どものことを具体的に話をしながら進めました。いろいろなアイディアをもらい、どんどん計画が埋まっていきました。具体的に作業をしながら、体験学習をしながら力をつけていける方向性が見つけられたので、今日は最高の収穫を得て帰れます。ありがとうございました。

② 私は外部の日本語支援員という立場なので、今日初めてこういう風に実際に小学校で日本語を教えてらっしゃる先生と組んで計画を作りました。指導計画を作る作業ってなんて楽しい作業なのだと思いました。今までの私は、取り出しの日本語だけを見ていたわけです。私が今ここで教えている取り出しの日本語は、はたして学校の動きに合っているのか、合っていないのか、そして効果的なのかってずっとなんとなく分からないままやっていて、実際のここの原型を見ながら一緒に相談しながら作ることによって、どのタイミングで何をいれていけばいいかってことが見えてくる。すごく楽しい作業でした。一緒だった先生がこれで33人分作れそうですっておっしゃってくださったので、ほんとによかったなと思いました。

西村先生:

 ここは、ほんとは7名でのグループだったのですけど、今日は4人になっちゃって最初さみしいなって思ったのですが、すごくやる気あふれるチームで頑張ってくれました。今のまとめにもありましたように指導計画は、「枠ありき」ではありません。それから、連携がなかなかとれない、分かってもらえない、というときに、「私達こんな計画をしています。先生どんなことをしていますか」という風に、連携を取るにはって考えた時に初めて指導計画が平面から立体になる。今日の午前中の菅原先生のお話の中にもあったように、形ではなくて実際の子ども姿で考えていって、具体的に動いていく中で初めて指導計画は子ども達に意味のあるものになるのではないかと今日実感しました。ありがとうございます。

△ ページ上部に戻る

平成27年度 第2回JSL研修の分科会報告(濱村先生)

 私達(濵村)のグループはJSL国語の授業づくりでした。午前中に濵村の日本語学級の国語指導で今まで作った教材や指導案を見てもらい、午後は指導案を作りました。

 指導案作りでは、指導案の書式3枚綴りを用意しました。一枚目は、「単元目標を設定する」ものです。教科書の教材をよく見て、児童にねらえそうな目標や学習活動を考えます。二枚目は、「単元の指導計画」です。ワークシートも含めて単元の指導計画を立てます。三枚目は、「本時の指導」です。

 今回の演習では、6人が2人ずつの3班に分かれました。各班、力を入れた部分が違うので、指導案3枚のうち2枚ずつ紹介します。また、指導案作りは、2人の作業ですが、互いに地域環境も児童の実態も指導形態も違います。架空の児童を無理に想定することはやめて、児童の実態は空欄にしました。

 「国語の教材を使った指導案作り」は、私もある程度イメージしていました。しかし、参加した先生それぞれに、地域性や子供たちの実態、指導形態等の違いがあり、指導案作りの過程は私の予想とは違ったものでした。今日の成果として、先生方が指導する学級の実態に応じて作った指導案(下記)があります。時間が限られていたので未完成ですが、これらの指導案から、みなさんの児童、学級、学校、地域に合ったヒントが得られると思います。

報告 ① 4年「新聞をつくろう」

濱村1.jpg

 この班は、「児童が取り組める」活動かを大切にしていました。はじめは別単元を題材に考えましたが、地域的に児童が活動しにくいと考え、より能動的に取り組める「新聞をつくろう」にしました。

 また、この班の良い点は、視覚的な資料を使って、語彙を増やしていこうという点です。『いくつかの読みやすい新聞記事の中から、好きな記事を見つけて発表する活動』や『見出し、写真や記事などをあらかじめ切り取っておいて、ペア探しをして、新聞の用語を学習させること』など、児童が視覚的に理解しやすく、意欲的に取り組み、語彙を増やしていく工夫をしています。

濱村2.jpg  濱村3.jpg                       

報告② 2年「おもちゃまつりへようこそ」

濱村4.jpg

 この班の良いところは、児童の「体験」を大切にしているところです。子供たちがいろいろな体験を楽しみながら学習を進めることを重視しています。実際に遊ぶこと、パズル形式、手を動かす作業などを取り入れています。

 更に、親へのインタビューなども活動にいれて、「自分の国のおもちゃを調べて発表」させており、自尊感情を育てるのにとてもよい活動です。2年生で日本語学級に通級する児童には、関係国の文化を知らない児童もいます。配慮点として、「児童が自分の国のおもちゃを知っているかどうか」を挙げていることも大切な点です。その場合を考えて、保護者にインタビューしており、自分の文化を学び、世代や国の架け橋にもなるよい教材の扱いです。

濱村5.jpg  濱村6.jpg                                      

報告③ 4年「だれもが関わりあえるように」

濱村7.jpg

 この班のよい点は、『単元を教える難しい点』にあえて焦点を当てているところです。『主体的に、調査、観察する姿勢を身に着けさせることは難しい。でも、大切な指導事項だ。』として、児童が調査できる「小田急線の看板やATM」という「方法」も考えました。また、児童やその家庭自身がマイノリティでもあります。自分たちの困った実体験に児童の気持ちが沈まないよう配慮をするとともに、「マイノリティからの発信ができて、自分たちの生活の変化につなげたい」という希望もお二人の指導案作りに見えます。

 感想の「複数で取り組むとアイデアがいっぱい」に今回の研修会の意義を感じました。

濱村8.jpg  濱村9.jpg                              

△ ページ上部に戻る

平成27年度 第2回JSL研修の分科会報告(大菅先生)

大菅先生:

 私のグループは授業作りではなく、ざっくりと「体制作り」をしました。6人の先生方が、それぞれの立場で、いま体制作りの課題と思っている所をはなしていただきました。そのなかで、「これはこうしたら良いのではないか」とかアイデアが出ました。

報告

 それぞれの地域の特性、学校の立場の違いのある中、一件目に出たのが、コミュニケーションのツールとしての母語支援でした。全く日本語がゼロの場合、やっぱり学校としてまず母語が話せる人を呼んでしまう現状があるということを問題にしました。外国人が多く住む地域であれば、誰かを呼べるけれども、少ないところだったらどういう支援が考えられるだろう。とくに、警察であるとか児童相談所などそういう治安の問題が起きた時に、どうするのかをまず課題にしました。地域の国際交流協会などに支援をもとめる方法と、あればですが、第3者としての立場でNPOなどで外国人支援をやっている方に声を上げることも大事かと考えました。もう少し違うアプローチとして、そういう事例が起こる前に、自治会などにも働きかけてまき込んでいく方法もあるのではないかという話がありました。

 2点目に出たのが、個別の指導計画を立てる時に、どういうことを盛り込めば良いのかということです。評価をどう保護者に伝えるのか。評価の紙を全部翻訳した方が良いのか、や、翻訳したところで親の言語能力が低かったら、日本語で助詞の「は」を習得しましたと翻訳しても分からないだろうという話題がありました。あとは、高校として個別の指導があればそれを見たいけれど、実は、小学校、中学校、高校までの一貫したその子どもの能力を評価したシートが無くて、同じ地域でも小学校で作っていたものを中学に引き継げていないとか、あるいは高校進学先には中学校からそれを渡せないとか。そこに溝がある実態を知ることができ、なんとかしなければならないという話をしました。もしそれを把握することができれば、二度同じような指導をするようなことはおこらないだろうということです。理解を得るために市で何とか、日本語指導の担当者、国際理解と担当者で研修する機会をもって人材を育成することも大切であるということになりました。

 最後に、日本語指導に特化した話をしました。特別の教育課程で行う場合は主たる指導者はやっぱり教員であること、あるいはボランティアの関わる場合、どういう人を呼べば良いのかということが出ました。例えば、教科指導に特化する場合は元教員、日本語指導だったら日本語教師の資格や勉強したことがあるという方、母語が出来る人がいるなら活用するという話でした。

大菅先生

 ポイントは二つかなと考えます。まず、地域によって本当に進み具合がバラバラです。そのためこういう集まりになると、よく「あの地域だから出来るんだよね」「ウチは人材がいないから無理だよ」という話がなりがちですが、そう言ってしまうと一歩も進まないので、今日は今の段階で出来そうなこと、ヒントを持って帰ることを念頭に、具体的に方法を考えようということで話しました。やはり、声を出して知ってもらう事が体制作りの変化につながっていくことは確実なので、一人で抱えこまないことを話しました。日本語指導についても、やはり同じです。いろんな人に関わってもらって日本語指導を進めて行くのが一番良いのではないかというところで話がまとまりました。以上です。ありがとうございました。 

△ ページ上部に戻る