資料紹介

サードカルチャーキッズ

多文化の間で生きる子どもたち

入架年月

2010年 10月

発行年月日

2010.09

著者

デビット・C・ポロック+ルース=ヴァン・リーケン 嘉納もも+日部八重子 訳

発行元

(株)スリーエーネットワーク

内容

発達段階のかなりの年数を両親の国から離れた文化圏の中で育った子どもをTCK(サードカルチャーキッズ、第3文化の子どもたち)または、ATCK(大人になった第3文化の子どもたち)といいます。著者は、20年間、TCKとその家族に接してきて、様々な角度から複雑なTCK体験を観察し、考察しています。本書では、移民とは違い、帰国を前提とした駐在員等『特権的な生活』(p.39)をしている子どもたちが対象です。しかし、本人だけではなく、親友、先生など周りの人も含む移動していきます。そのような環境で育った子どもたちに共通するすぐれた能力を明らかにするとともに、TCKに共通する「根なし草」「落ち着かない感覚」にも考察をしています。さらに、TCK,ATCKに対する支援にも言及しています。

アーカイブ

資料室トップ

月間アーカイブ