資料紹介

授業のユニバーサルデザイン

全員が楽しく「わかる・できる」

入架年月

2010年 6月

発行年月日

2010.03

発行元

東洋館出版社

内容

「授業のユニバーサルデザイン」とは、通常の授業において特別支援教育の考え方を取り入れて工夫・配慮することで、クラス全員が「わかる・できる」授業をつくることをめざしています。教科教育と特別支援教育、それぞれの立場から追及し、◆授業をシンプルにする。◆授業を視覚化する。◆授業で共有化する。ことを提案しており、本書では、国語の実践を中心に紹介しています。この考え方は、子どもたちの背景、母語を考慮に入れて応用すれば、外国につながる子どもたちの授業づくりにも参考となると思います。

アーカイブ

資料室トップ

月間アーカイブ