イベント

令和2年度 第2回 外国人児童生徒等教育研修会(JSL研修会)の開催について (第1次案内)

外国人児童生徒等教育担当者 各位

平素は本センターの運営に格別のご厚情を賜り厚く御礼申し上げます。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19) の猛威が拡大し続ける中,各位におかれましては,その対応でご多忙な日々をお過ごしのことと存じます。また,被患された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

 さて,当センターでは,第1回に引き続き,増加する日本語指導を必要とする外国人児童生徒等を受け入れている学校での日本語指導,学習指導,受け入れ体制の整備に資することを目的として,JSL (Japanese as a Second Language) 指導者研修を実施します。第2回の研修では,外国人児童生徒教育の主要な課題である日本語で学ぶ力を高めるための授業づくりの方法としてJSLカリキュラムの基礎について扱います。

なお、今回も新型コロナウイルス感染症対策のため,開催方法を対面式ではなく,遠隔会議方式に変更し,実施することとしました。また,オンライン上での円滑な実施のため、参加者数に上限を設定して行います。そのため,主に初めて外国人児童生徒担当になった教員を対象とし,例年実施している,JSLカリキュラムに基づく授業づくりの授業力向上を目的とした講座(いわゆるBコース)は,今回は実施いたしませんので,ご了承ください。

 以下に,研修会の概要並び今後の申し込み方法について記載してありますので,ご興味を持たれた方はぜひご参加ください。

1.日時 1010日(土) 13時から17時頃まで

※一部,事前の講義動画の配信を予定しております。

2.方法 

遠隔会議方式(Web会議サービスZoomによるオンライン開催) 

3.参加対象者 

・日本語指導の必要な児童生徒等の在籍する地域,小・中学校の管理職,教職員,日本語指導担当教諭,関係教職員,教育委員会関係者(定員:50名)

※但し、オンラインでの円滑な実施のため,また、今回の趣旨に鑑み,定員を超えて参加希望があった場合、「初めて日本語指導を担当される教員」・「日本語教育・日本語指導に関する研修を受けたことのない日本語指導担当」の方を優先させていただきます。

4.参加費 無料 

5.当日のプログラム(予定)

【概要】

外国人児童生徒の教育上の課題として、在籍学級での教科学習に困難を抱えていることがよく指摘されます。そこで、この研修会では、日本語と教科内容を統合して指導するJSLカリキュラムをもとに、日本語で学ぶ力を高めるための授業づくりについて学びます。

<プログラム(予定)※詳細未定>

 【全体会】13:0014:30

 ・JSLカリキュラムの授業づくりと実践例紹介

 【分科会】14:3017:00 

 ・対象別JSLカリキュラムのミニワークショップ、情報交換会等

 

参加申し込みの詳細および申し込み受付開始は,91日を予定しております。詳細につきましては東京学芸大学 国際教育センターホームページ(http://crie.u-gakugei.ac.jp/)にて,随時ご案内しますので、ご関心のある方は、上記ホームページをご参照の上、直接お申込みください。

6.問い合わせ先

東京学芸大学国際教育センター 教務室 担当 新貝 美恵子

MAIL c-event@u-gakugei.ac.jp

TEL 042-329-7717 【対応可能曜日・時間】毎週木曜日9001600

FAX 042-329-7722

※なお,本学では当面の間,コロナウイルス感染症の対策として大学への入構規制を実施しております。そのため、所員,事務職員はじめ関係者も出勤日数の削減および自宅での勤務を行っております。従いまして,本件の問い合わせについては原則メールでお受けしております。また,ご返事に対して少し時間をいただくことをご了承願います。

ページ上部に戻る