イベント

第35回 海外子女教育セミナー [終了いたしました]

「海外子女教育の未来を作る-児童生徒の変容に応えてー」

※情報が古い場合がありますので、ページの更新をお願い致します

 今日、在外教育施設に学ぶ児童生徒は急速に変化している。かつては帰国を前提として一定期間、海外に在住する子どもたちが日本の在外教育施設の在籍者の中心を占めていた。しかしながら、こうした子どもたちに加え、現地に定住する日本の家族、国際結婚で海外に生活拠点を定める家族、さらに日本の教育機会を求める現地の家族など、子どもたちの背景は多様なものとなっている。いわば、グローバル化した世界の中の日本の在外教育施設が新たな役割を担い始めていると考えてよいだろう。

 本セミナーでは、在籍する子どもたちの変化に応え、よりよい教育を提供するために在外教育施設にはどのような課題があるのか。子どもたちの変容から求められる方向性を探っていきたい。

 

日時:平成26年5月24日(土) 10:00~16:30

会場:東京学芸大学講義棟(S棟)

対象:在外教育施設に派遣を希望する教員、在外教育施設派遣教員登録者、

海外・帰国児童生徒教育に関心をもつ方

主催:東京学芸大学国際教育センター

 


■■■プログラム■■■ 

9:30      開場、受付開始

10:00~10:10 開会

10:10~10:50 講演 「海外子女教育の現状と課題」 

榎本 剛 氏(文部科学省初等中等教育局国際教育課 課長)

11:00~11:50 講義 「変わりゆく児童生徒と日本人学校・補習校の教育課題」

              佐藤郡衛 氏(目白大学 学長、東京学芸大学 特命教授) 

11:50~13:00 昼食

13:00~16:30  帰国教員による在外教育施設における実践報告、

パネルディスカッション 等

小野江隆 氏(武蔵村山市立第七小学校)

雨宮真一 氏(東京学芸大学附属国際中等教育学校)

北村 聡 氏(所沢市立南陵中学校)

 


    

(参加お申し込み方法)

 氏名、所属、返信用のメールアドレスもしくはFAX番号を明記の上、下記宛にメールかFAXにてお申し込みください。また、ご質問、ご不明な点につきましても、下記までお問い合わせください。

 

(お問い合わせ先)

 東京学芸大学国際教育センター事務室

 Email c-event(@)u-gakugei.ac.jp ※(@)を@に置き換えてください

 FAX 042-329-7722

 〒184-8501東京都小金井市貫井北町4-1-1 ℡ 042-329-7727

ページ上部に戻る