国際教育センター概要

センター長 ご挨拶

 本センターは、1978年(昭和53年)4月に、海外・帰国児童生徒教育に関する研究・教育活動における中心的役割を担う全国共同利用施設「海外子女教育センター」として、東京学芸大学に設置されました。その後、国際化が進むにつれて在日外国人が急増し、外国人児童生徒の教育も大きな課題になってきました。そこで、このような課題に対する研究領域の拡大にともなって、2002年(平成14年)4月に名称も「国際教育センター」に改められ、今日に至っています。
 現在、本センターは「海外・帰国児童生徒教育部門」、「外国人児童生徒教育部門」、「国際理解教育部門」の3部門、「多文化共生」「市民性教育」「発達・学習」「言語・心理」「外国人児童生徒教育」の5領域から組織されており、6人の所員がそれぞれの部門・領域で、調査・分析・研究やカリキュラム・教材などの研究・開発及び研修機会の提供、教育指導相談などの専門的活動を、学内外の専門家に協力を仰ぎながら、積極的に展開しております。具体的には、「海外子女教育セミナー」「多文化共生フォーラム」「国際教育センターフォーラム」「JSL研修」JSLサテライトセミナー」「学校のセクシュアル・マイノリティ教育・支援研修」などを企画・開催しております。
 本センターは、日本の教育の国際化に対応するための全国共同利用施設として、どなたにでも開かれております。また、研究・調査・資料などを、インターネットなどを通じて積極的に公開しております。どうぞ、お気軽にご利用下さい。
 これからも、全国の皆さんとともに歩む、開かれたセンターとして一層充実発展するよう努めてまいりたいと思います。ご指導、ご支援のほどよろしくお願いいたします。
国際教育センター長 馬場 哲生